基礎情報

【これから飼いたい人へ】トイプードルの世話で大変なことベスト3

今や、日本でも人気No.1といっても過言ではないトイプードル。

かわいらしい顔と変幻自在のヘアスタイルに惹かれた人も多いのではないでしょうか?

今回は『トイプードルを飼ってみたいけど、どんな大変なことがあるんだろう』という方に向けて、トイプードルを飼っていると大変なことをランキング形式でまとめてみました!

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね!

1位:とにかくお金がかかる!

トイプードルがとてもかわいいということは知っていると思います。

しかし、そのかわいさをキープするのにもちゃんとお金がかかるのです…。

かわいいは作れる!(お金で)

飼うときに最初にかかる費用は60,000円から!?

下記のように、トイプードルに飼うにあたって初期費用がかなり掛かってしまいます。

健康診断3,000円~10,000円
混合ワクチン接種16,000円~24,000円
狂犬病予防接種3,500円
畜犬登録3,000円
飼育用グッズ30,000円~50,000円


どれも犬を家族に迎えいれるために必要な費用
になります!
もちろん、この費用はトイプードルだから必要というわけではありません。

いろいろな病気の予防接種や手続きがあって、けっこう大変なんですね。

年間費用はなんと最低でも10万円!?

フード36,000円~72,000円
ペットシーツ5,000円~10,000円
トリミング60,000円~150,000円
狂犬病予防接種3,500円
混合ワクチン接種8,000円~12,000円
フィラリア症等予防薬6,000円~18,000円
健康診断3,000円~30,000円

10万円とは最低の金額になります。基本的には月1万円程度はかかるので、年間12万円くらいは安くてもかかると考えておいたほうが良いでしょう。

また、これに+αで病気になってしまった場合にはその治療費、去勢や不妊手術の費用、しつけ教室や服代なども別途かかってくることもあります。

ちなみにフードやお薬系は他の犬でも同じくらいなのですが、トイプードルは自慢の巻き毛のトリミング費用がかなりかかります!

地域にもよりますが、トリミング1回あたり5,000円~8,000円くらいはかかります

また、毛が伸びるのが早いため1ヵ月~2ヵ月に一度はトリミングしてあげないといけません。

トリミングしないとどうなる?

人間なら髪を切らなくてもボサボサになるだけで特に悪影響は受けませんよね。

でも、トイプードルは伸びた毛についた細菌類が目に入ったり、肉球が毛で覆われてすべりやすくなったりと病気やケガの原因となってしまうのです!

毎日のようにしっかりとブラッシングなどの手入れをしている場合は大丈夫なのですが、トリミングして不測の事態を未然に防ぐほうが良いでしょう。

せめて1000円カットみたいなとこがあればいいのに…(笑)

あわせて読みたい
【画像付き】トイプードルのカットスタイル16選!可愛いものからカッコいいものまで!トイプードルの魅力といえば、デザイン性バツグンの毛並みですよね。 『トイプードルのカットスタイルってどのくらいあるんだろう?』『う...

逆に考えれば、その分トイプードルはヘアスタイルでいろんなオシャレができるということです!

テディベアカットやモヒカンカットなど、毎回イメチェンをしていたらトイプードルも喜んでくれること間違いなしです!

2位:旅行やお出かけへ行きづらい

トイプードルは寂しがり屋です。かわいらしい顔通りですね。

普段ならちょっとのお留守番くらいはできるのですが、旅行などで1日以上も放置された場合は問題です。

たとえエサなどがしっかりとあげられても、かなりストレスが溜まってしまいます。

その溜まったストレスが原因で病気を引き起こしたりする可能性もあります

ペットシッターやペットホテルに預ける!

それでは、『ペットシッターに預けたり、ペットホテルを活用したら?』と思う方もいるかもしれません。

確かにそれも一つの手ではありますが、飼い主からしたら心配ではないでしょうか?

信頼できる人ならまだしも、見ず知らずの人に預けて、旅行などを思いっきり楽しめるかっていうと『う~ん』といった感じではないでしょうか。

トイプードルと一緒に旅行にいく!

『それじゃ、一緒に連れていけばいいじゃん!』そう思うのもわかります。預けるよりは一緒に連れて行った方がよいでしょう。

今では昔と違って、ペットOKのホテルや飲食店もかなり増えてきています。ペットに関して、寛容になってきています。

しかし、悲しいことですが、みんながみんなそう思っているわけはありません。

ケージやバックにいれて電車に乗っても、白い目でみてくる人もいます。それが現実なのです。

結局、旅行自体が楽しめなくなってしまう可能性も高いのです。

しかし、飼い主さんも周りを気にせず、しっかりと楽しむ!という精神も大切なのかもしれませんね。もちろん、迷惑をかけてはいけませんよ。

もっとペットは家族というイメージが広まればいいのに!

3位:毎日の散歩が大変!

トイプードルは運動が大好きです。家のなかを動きまわったり、ぴょんぴょんと跳ねたりするかもしれません。

しかし、それだけでは健康なトイプードルになるための運動量が足りないのです!

毎日、最低でも20~30分程度の散歩は必要です。できれば、1時間近く散歩できれば問題ないでしょう。

もちろん、天候や飼い主の体調、トイプードルの体調もありますので毎日必ずというわけではありません。

見た目からは想像できないと思いますが、実はトイプードルはもともと狩猟犬として飼われていました。

その昔の名残から、トイプードルはある程度の運動は必要なのです。

もし、家族で飼おうと決めているのならば日にちや曜日によって、散歩に連れて行く役割を決めるといいですね。

 

しかし、共働きや一人暮らしで飼おうと思っている方は少し大変です。

トイプードルは長い時間放置することができないので、毎日のように飲み会なんて行ってられません。

仕事でくたくたなのに帰ってきたら散歩もしなければなりません。

人間はダメな生き物です。今日は疲れているから散歩はいいか、と思ったらそれが癖になってしまいます。

人間は散歩をしなくてもある程度は健康でいられますが、トイプードルではそうはいきません。

しっかりと世話を責任をもってすることができる人のみ、トイプードルを飼うことにしましょう。

まとめ

とってもかわいいトイプードル。

しかし、そのかわいさの裏には大変なことがたくさんあるのです。

どんなことがあってもトイプードルを愛せる方、責任をもって最期まで育てる自身がある方だけがトイプードルを飼いましょう。

飼わないという選択肢も必ず考慮してください。

ぜひ、あなたにとってもトイプードルにとっても最善の道をゆくことをオススメします。

この記事が気に入ったら
\フォロー・いいねお願いします!/