基礎情報

トイプードルの無駄吠えが困る!しつけ方法や便利グッズをご紹介!

『トイプードルが急に吠え出して困る』『トイプードルの無駄吠えで近所迷惑になっている』

このように思っている飼い主さんは多いと思います。

いっけん、人間からしたら意味のない『無駄吠え』ですが、トイプードルにとっては何かを伝えたい!と思って吠えています。

まず、根本的に無駄吠えとはなんなのか、そしてそのしつけ方法をお伝えします。

ぜひ、最後まで読んであなたの愛犬の無駄吠えを抑えていきましょう!

無駄吠えとはなにか

まず、無駄吠えとはなんなのかですが、私たちのような人間が何かをしてほしいときは言葉に出して言いますよね。

『おなかすいた!』や『お水が飲みたい!』などなど。

しかし、トイプードルを含む犬は当然しゃべることができません。

そのため、何かをしてほしい!というときにトイプードルは吠えるのです。ただ単に、無駄に吠えているわけではないのです。

餌が欲しい!ゲージから出たい!などの要求吠え

人間の子どものように、ごはんが食べたいときにトイプードルは吠えて要求してきます。

これを要求吠えといいます。

他にも、ゲージから出たかったり、散歩に行きたいときにトイプードルは要求吠えをして、自分の要求を叶えようとしてきます。

インターフォンや知らない人へ警戒心から吠える

トイプードルを飼っていると、ふつうに鳴ったインターフォンに向かっても吠えることがあります。

また、他にも家に友人などを招いたときにも吠えて警戒心をむき出しにします。

これは、犬はもともとナワバリ意識が強いため、そのナワバリを荒らされないように警戒して吠えているのです。

トイプードルの要求吠えをやめさせるには

まず、多くのトイプードルの飼い主を困らせているであろう要求吠えをやめさせる方法ですが、

ずばり、無視をする!ということが大切です。

いっけん、何かを欲しているトイプードルを無視するということはかわいそうにも思えます。

しかし、要求吠えをするたびに飼い主がその要求を叶えてあげると『吠えれば要求が叶う!』と学習してしまいます。

これでは、性格がどんどんわがままになっていくだけです。

飼い主が要求吠えを無視するようになれば、『吠えてもムダなんだ』と学習するようになります。

そうすれば、おのずと要求吠えをすることがなくなり、素直で良いトイプードルへと成長します。

トイプードルの警戒心からの無駄吠えをやめさせるには

なにか思わぬことがあって(たとえば、泥棒が入ってきたなど)、トイプードルが吠えるのは良いことなのです。

しかし、インターフォンなどといった日常的なことに対して、吠えられても困りますよね。

私たち人間にとって、インターフォンが鳴ることがふつうのことなのですが、トイプードルにとってはそうではありません。

トイプードルにとってインターフォンとは、『いきなりピンポーンと鳴る怖い何か』なのです。

そのため、インターフォンに吠えることをなくすためにはインターフォンに慣れてしまえばいいのです。

誰かに協力してもらい、インターフォンを鳴らしてもらい、吠えなければおやつをあげたりとしていけば徐々に慣れていきます。

また、友人を家に招いたときに吠えてしまう場合には、その友人に敵意がないことを示してもらうためにおやつなどをあげさせることも良いでしょう。

無事に敵意がないことをわかってもらえれば、その友人もトイプードルを友達になれること間違いなしです!

それでも無駄吠えが直らない場合には

無駄吠えする理由がわかってはいるのだけれども、どうしても無駄吠えをしてしまうという場合には無駄吠え防止グッズで直すしかないです。

オススメは、【無駄吠え防止グッズのしつけくん】です。

  • 当サイト限定!半額セール中!
  • 効果がなければ全額返金保証
  • 無駄吠えを直すことに成功すると、全額キャッシュバック
  • 満足度92%を記録
  • 365日24時間受付!安心のメールサポート
  • 壊れたり失くしても大丈夫!1年間の補償プラン

Amazonでも☆4つとかなり高評価の無駄吠え防止グッズになります。

しかし、Amazonでの購入の場合には返金保証など受けられなので注意が必要です!

実際に使用してみた飼い主さんの様子なども動画で掲載されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

万が一、効果がなかった場合には全額返金保証付きなので安心して頂けるかと思います。

公式ページはこちらをチェック

まとめ

いかがでしょうか?

近所迷惑の原因にもなりえる無駄吠えですが、なぜトイプードルが吠えるのか理由さえ理解してあげればその解決方法は簡単なのです。

ぜひ、トイプードルをていねいに育ててあげて、お利口なワンちゃんにしてあげてくださいね!

この記事が気に入ったら
\フォロー・いいねお願いします!/